Quality
住まいづくりのこだわり

マンション編「外観デザイン」

街の品質を上げていく、
外観デザイン

土地によって、その街並みが描く表情は実に様々です。長年にわたりその街に住む人々が育んできた街並みを損なうことなく、街と一体となること。そして、ただなじむだけでなく、リーフィアレジデンスが存在することで、街の品質を上げていくこと。それが私たちの目指す外観デザインです。

※イラストはリーフィアレジデンス等々力(分譲済み)

すべての人にやさしい、共用部デザイン。

お子様からお年寄りまで。あらゆる世代の、様々な方が暮らす集合住宅だからこそ、すべての人に使いやすいデザインであること。
このような考えのもと、リーフィアレジデンスでは共用部における設計標準指針を定めています。
例えば、メインエントランスの出入口は全て自動ドアにする、段を上がる場合はスロープや手摺りを設ける、
サブエントランスの出入口は引戸とするなど。これらの指針に基づき、設計・施工を行うことで、私たちが意図する共用部をカタチにしています。

※ 上記仕様・設備は、一部物件では異なる場合、採用していない場合があります。詳しくは係員へお問い合わせください。
※ 掲載の写真は当社分譲済み物件を撮影したものです。一部参考写真を使用しております。

街に潤いをもたらす「ランドスケープデザイン」

リーフィアレジデンスでは、四季の移ろいを演出する20種類の落葉樹、常緑樹を「リーフィアツリー」として選定。
樹の特徴によって植える場所に配慮するなど、共通のルールを設定しています。また周辺環境との調和を考慮し、
郷土種を入れたり、特定の植樹林まで赴き樹種を選定するなど独自のこだわりで、街に潤いをもたらすランドスケープを創造しています。

アプローチ・ファサード

木立ちや木洩れ陽を連想させる樹種を配し、樹形の柔らかさや葉の濃淡が四季の移ろいを感じさせます。

シンボルツリー

ゲート性のあるシンボリックな樹種を配することで、街としての連帯感や周囲の自然との調和を生みだし、豊かな住環境を育みます。

落葉樹・常緑樹の演出

落葉樹は、開花時・紅葉時・新緑時に変化する葉色が楽しめ、四季の移ろいを演出します。常緑樹は、1年を通じ樹々の穏やかさと潤いを感じさせます。

常緑広葉樹
【5科10種】
ブナ科 コナラ属 アラカシ
コナラ属 ウラジロガシ
コナラ属 シラカシ
ミズキ科 ミズキ属 ヤマボウシ(常緑種)
モクセイ科 トネリコ属 シマトネリコ
モチノキ科 モチノキ属 クロガネモチ
モチノキ属 ソヨゴ
モチノキ属 ナナミノキ
モチノキ属 モチノキ
ユズリハ科 ユズリハ属 ヒメユズリハ
落葉広葉樹
【9科10種】
エゴノキ科 エゴノキ属 エゴノキ
カエデ科 カエデ属 カエデ・モミジ
カツラ科 カツラ属 カツラ
ツバキ科 ナツツバキ属 ヒメシャラ
バラ科 ザイフリボク属 アメリカザイフリボク
ミズキ科 ミズキ属 ハナミズキ
ミズキ属 ヤマボウシ(落葉種)
ミソハギ科 サルスベリ属 サルスベリ
モクセイ科 トネリコ属 アオダモ
モチノキ科 モチノキ属 アオハダ
カエデ・モミジ
シマトネリコ
カツラ
サルスベリ
アオダモ
ヤマボウシ

※ 植栽写真は全てイメージです。