Image photo

Design デザイン

外観(2021年6月撮影)

悠然と、そして麗しく。

穏やかな気配の中に佇む4階建ての低層レジデンス。
渋谷区上原三丁目の丘上で存在感を放つ邸として、
街とともにその趣を深めていく。

設計・デザイン監修Design and design supervision

成熟した街並に
調和する素材を。

台の開放感を取り込み、緑豊かで成熟した街並みに調和するデザインを目指しました。
マテリアルでは、外観やラウンジのタイル、手摺りのロートアルミに、
熟練の工匠が手作業で丁寧に加工を施した人の温もりが感じられる素材を採用しています。
豊かな表情と美しい陰影を刻む素材が周辺の緑と調和することで、
温かみと共に重厚な雰囲気を醸し出します。

西山 広朗

デザイン監修

西山 広朗

西山 広朗西山建築デザイン事務所代表
[フランス・EU加盟国認定建築家/Architecte D.E.S.A.]

1998年渡仏 Ecole Spéciale d’Architecture卒。当地の設計事務所で、シャンゼリゼ通り、シトロエンショールーム他、数々の再開発、設計プロジェクトに携わる。パリと東京で活動を続け、2007年、東京に西山建築デザイン事務所を設立。建築デザイン、インテリアデザインなど幅広く活動を行う。

素材一つひとつへの
こだわり。

街並みに調和しながらも、輝かしくその存在を主張するために、
建物を装う素材にもこだわっている。色彩、質感、重厚感など、
一つひとつを吟味して選んだマテリアルが、豊かな表情を描き出す。

マテリアルイメージ
マテリアルイメージ
マテリアルイメージ

織部製陶:クレイマイスター(外壁)製作風景(2019年11月撮影)

共用部(2021年3月撮影)

街に響き合う、奥深き佇まいを。

街の木々と調和する植栽が彩りを添えるエントランスは、
水流を表現した自然石の壁と、奥へと連なる光が私邸へと誘う。
存在をより印象づけるのは水平方向へと広がる庇、
陰影を刻む壁面が見せる表情豊かな設え。
悠然さと美しさを宿した住まいの顔がそこに在る。

エントランス外観(2021年3月撮影)エントランス外観(2021年3月撮影)
エントランス外観(2021年3月撮影)

開放とやすらぎを享受する。

ゆとりあるエントランスアプローチからラウンジへと
つなぐ動線は自然石の壁が豊かな表情を演出。
敷地外からの視線にも配慮することで、人々を優しく
包み込むような安心感のある心地よい空間を目指した。

エントランスアプローチ(2021年3月撮影)エントランスアプローチ(2021年3月撮影)
エントランスアプローチ(2021年3月撮影)

緑を纏う、やすらぎの空間。

ゆったりとした時の流れを感じさせる寛ぎと、
心を解き放つような開放を求めたラウンジ。
眼前に広がる一枚の絵画のようなラウンジコートからは、
緑が織りなす、やすらぎが感じられる。

ラウンジ(2021年3月撮影)ラウンジ(2021年3月撮影)
ラウンジ(2021年3月撮影)
ラウンジ(2021年3月撮影)ラウンジ(2021年3月撮影)
ラウンジ(2021年3月撮影)

穏やかなる情景を創り出す。

柔らかな光が感じられるエレベーターホールをはじめ、
建物内部に心地よい開放感を描き出す。
ここでは、やすらぎの情景が日常となる。

1階エレベーターホール(2021年3月撮影)1階エレベーターホール(2021年3月撮影)
1階エレベーターホール(2021年3月撮影)
コンシェルジュカウンター(2021年3月撮影)
コンシェルジュカウンター(2021年3月撮影)

より心地よく、
よりきめ細やかなサービスを。

ラウンジに設けたコンシェルジュカウンターにて、コンシェルジュサービスを実施。
より心地よく快適な暮らしを提供するため、きめ細やかなサービスを用意している。

  • 【セクレタリーサービス】
  • インフォメーションサービス
  • レセプションサービス
  • フロントショップサービス
  • 【取次・紹介サービス】
  • クリーニング取次サービス
  • 宅配便発送取次サービス
  • タクシー手配サービス
  • ハウスクリーニング取次サービス
  • ベビーシッター紹介サービス
  • 宅配トランクルーム

※各種サービス内容は状況により変更される場合がございます。 ※サービスに伴う利用料金は利用者の負担となります。詳細は管理規約集をご確認ください。

image photo
image photo

※各種サービス内容は状況により変更される場合がございます。 ※サービスに伴う利用料金は利用者の負担となります。詳細は管理規約集をご確認ください。

都市に寄り添い、
緑陰を湛える。

空の広がりを享受する渋谷区上原三丁目の丘の上。
柔らかな木漏れ日と深い緑陰を湛えた情景、
日々の暮らしに織り込まれる心地よい開放感は、
都市に寄り添う一角であることを忘れさせてくれる。

外観(2021年3月撮影)
外観(2021年3月撮影)