DESIGN

小田急不動産×竹中工務店。土地の記憶に敬意を払い、この地に相応しい邸宅を目指して。

南東外観

豊かを奏でる。

恵まれた敷地条件を活かした陽光溢れる邸。

この優美な街に調和し、新たなる象徴となることを求めて。
幅員約6mの北側前面道路から約7m、東西隣地から約3mの離隔を確保。ゆとりある配棟計画を実現しました。また、南面は大きく抜けが広がり溢れる陽光と心地よい開放感、美しい眺めを愉しむことができます。その南側のファサードは、ガラス手摺で伸びやかな水平ラインを強調し、ルーバーとグラデーションガラスによりプライベート性を演出します。

敷地配置図イメージイラスト

立地概念図

季の杜を纏う。

車寄せ

緑の潤いが住まいへと誘うアプローチ。緑地率30%超。

人の手をかけて屋敷林を育て、緑豊かな街並みを育ててきた「成城」。その美しい周辺環境に溶け込み、より豊かな景観の創出を目指しました。緑を感じながらエントランスへと誘うアプローチ、エントランスホールの屋上に配した「屋上緑化」など、緑地率30%超の潤い溢れるグリーンシークエンス(緑の連続性)をデザイン。また、エントランス前には庇や優雅な車寄せを配して、建物の顔となる迎賓空間をつくりあげました。

敷地配置図イメージイラスト

武蔵野の樹種が、四季の移ろいを感じさせる。

緑豊かな武蔵野の地に、先人たちがつくりあげた街「成城」。
本プロジェクトの植栽計画にも、ヤマザクラ、モミジ、シラカシ、ケヤキなど、武蔵野に植生していた樹種を選定し、街に溶け込む潤い溢れる邸宅をつくりあげました。季節の移ろいとともに変化する植栽が、住まう人々に武蔵野の面影を感じさせます。

  • ケヤキ

  • ヤマザクラ

  • ソヨゴ

  • エゴノキ

  • モミジ

  • シラカシ

  • タブノキ

  • ヤマボウシ

All Image Photo

※掲載の竣工写真は2018年11月に撮影したものです。
※敷地配置図イメージイラストは、計画段階の敷地配置図を基に描き起こしたものと、敷地配置図と2階平面図を基に組み合わせて描き起こしたもので、実際とは異なります。敷地周辺の電柱・電線等の一部については反映されておりません。現地周りの植栽イメージについては、竣工から一定期間を経た状態を想定して描いております。
※掲載の立地概念図は周辺地図と地形図を基に立地条件を概念化したもので、建物・位置・スケール等は実際とは異なります。なお敷地周辺の電柱、電線、ガードレール等の一部については反映されておりません。

MENU