安心・安全|リーフィアレジデンス橋本【公式】JR横浜線「橋本」駅の新築分譲マンション

SAFETY 安心・安全 SAFETY 安心・安全

image photo

scrolldown

  • SAFETY 防災
  • SECURITY セキュリティ
  • SECURITY セキュリティ
  • AFTER SERVICE アフターサービス

万が一に対応する
備えがあるという安心感を。

SAFETY

防災

  • 防災倉庫

    防災倉庫

    いざというときに対する備えとして、災害時の助け合い(共助)活動に役立つ防災用品を防災倉庫に保管しています。

  • 非常用飲料水生成システム「WELL UP」

    非常用飲料水生成システム
    「WELL UP」

    敷地内に設置した防火水槽の水を汲み上げてろ過。災害時に生活用水を供給します。

  • 非常用マンホールトイレ

    非常用マンホールトイレ

    下水道に直結させる非常用のトイレで、災害による断水で住戸のトイレが使えないという悩みを解消されます。

  • かまどスツール

    かまどスツール

    普段は腰掛けて寛げるスツール。災害時には座面部分を取り外し、炊き出し用のかまどとして利用できます。

  • AED(自動体外式除細動器)

  • AED(自動体外式除細動器)

    緊急時も心強い、一般の人でも簡単に扱えるAEDを共用部に設置。マンション内における救急救命環境の整備にも配慮しています。

  • 防災ベンダー

    防災ベンダー

    共用部に設置された自動販売機の中の飲料は、非常時には住民の方に開放され無料で利用できるようになります。

  • 防災マニュアル

    非常時には、管理組合を中心に居住者が協力して助け合う(共助)必要があります。地震発生後の被害を最小限に抑える行動、安否確認の方法、被災生活上の対応・行動がスムーズに行えるよう指針をまとめた、防災マニュアルを整備しました。

icon
  • SAFETY 防災
  • SECURITY セキュリティ
  • SECURITY セキュリティ
  • AFTER SERVICE アフターサービス

日々の安心を生むために
ご用意した、幾重もの
セキュリティ。

SECURITY

セキュリティ

  • セキュリティシステム

    オートロックシステム

    エントランスには、オートロックシステムを採用しています。住戸内のインターホンで来訪者をチェックでき、住まう人の安心・安全を守ります。

  • 「安心部屋」セキュリティシステム

    24時間365日オンライン総合監視「安心部屋」

    共用部分や各住戸の火災・非常センサーなどを介して24時間体制で機械により監視する「安心部屋」。異常の際はセンサーなどが感知、電話回線を経由して警備会社の指令センターに通報します。

  • リバーシブルディンプルキー

    リバーシブル
    ディンプルキー

    玄関ドアは、約5兆5千億通りもの鍵違い数を実現し複製が困難でピッキング対策に有効なシリンダーキーを採用しました。

  • モニター付きインターホン

    モニター付き
    インターホン

    エントランスのオートロックと連動。お部屋から画像と音声で来訪者を確認。ハンズフリータイプです。

  • 防犯カメラ

    防犯カメラ

    敷地内の要所に防犯カメラを設置。録画した映像は管理室で一定期間保管し、犯罪の抑止効果を発揮します。

  • 防犯ドアアイ

    防犯ドアアイ

    玄関ドアには、覗き見防止カバー付のフタ付きドアアイも取り入れています。

  • 耐震ドア枠

    耐震ドア枠

    玄関ドアには、大きな地震などの際にドアの枠がゆがみ、ドアが開かなくならないように、対策を講じた耐震ドア枠を採用しています。

  • ダブルロックドア

    ダブルロックドア

    ダブルロックドア

    シリンダーを玄関扉の上下2ヶ所に設置することで、防犯性を向上させるダブルロックを採用しました。

  • 防犯サムターン

    防犯サムターン

    工具をドアの内側に差し込み不正解錠しての侵入に対応。内側から操作しないと開けられないスイッチ式サムターンを採用しました。

  • 鎌デッド錠

    鎌デッド錠

    鎌状にせり出すデッドボルトがドア枠のストライク部とかみ合い、バールなどによるこじ開けに対して強い抵抗力を発揮します。

  • 耐震ドアガード

    耐震ドアガード

    ドアチェーンよりも防犯性が高いドアガードアーム付け根部分のクリアランスを大きくし、ビス穴も長穴にすることで地震発生時に開閉不能とならないドアガードです。

icon
  • SAFETY 防災
  • SECURITY セキュリティ
  • SECURITY セキュリティ
  • AFTER SERVICE アフターサービス

万が一に対応する
備えがあるという安心感を。

AFTER SERVICE

構造

基本構造には鉄筋とコンクリート、
互いの特性を生かして、
優れた耐久性と剛性を実現する
鉄筋コンクリート造を採用しています。

  • 地質調査

    地質調査

    たとえどんなに強固な建物であっても、確かな強さを備えた地盤、そして建物と地盤をしっかりと一体化させる基礎がなければ、その強さを発揮することはできません。そこで当マンシヨンでは、地盤の許容支持力を割り出すために、事前に敷地調査とボウリング調査、標準貫入試験などの地盤調査を実施しています。

  • 地質調査(地盤)

    地質調査(地盤)

    地盤調査により砂礁若しくは細砂層の支持地盤に地表面から深さ約16~18mまでの場所打ち鋼管コンクリー卜杭を121本(住棟のみ)打ち込んでいます。

  • 住宅性能評価書取得

    住宅性能評価書取得

    住宅性能評価とは、国土交通大臣登録の第三者評価機関が法律に基づき住宅の性能を評価する制度です。「リーフィアレジデンス橋本」では「設計住宅性能評価書」を取得し、「建設住宅性能評価書」を取得予定です。

  • 地質調査(地盤)

    地質調査(地盤)

    地盤調査により砂礁若しくは細砂層の支持地盤に地表面から深さ約16~18mまでの場所打ち鋼管コンクリー卜杭を121本(住棟のみ)打ち込んでいます。

長谷工の耐震設計

  • 乾式壁

    乾式壁(ALCパネル)
    工法

    バルコニーと共用廊下側の壁には乾式壁(ALCパネル)工法を採用。適切な部位にスリッ卜を設けることにより地震での揺れによる壁のクラックの発生を低減します。

  • 自動制御装置付

    自動制御装置付
    マイコンガスメーター

    センサーが震度5強相当以上の揺れを感知すると、自動的にガスの供給をストップするマイコンメーターです。揺れの衝撃で立ち消えした場合でもガスが漏れる心配がなく、火災などの2次災害を防止します。

  • 溶接閉鎖型フープ筋

    溶接閉鎖型フープ筋

    主要構造部のコンクリー卜柱には、工場であらかじめ溶接された溶接閉鎖型フープ筋を採用しています。〔仕口部分(柱基礎梁接合部)は除く〕繋ぎ目のあるフープ筋を用いた場合に比べ、より粘り強さのある構造となります。(一部除く)
    ※1一般的な帯筋:帯筋を一本一本柱の主筋に引っ掛けて結束しています。
    ※2溶接閉鎖形帯筋:帯筋のつなぎ目は予め工場で一本ずつ溶接します。

  • 地震時管制運転機能付

    地震時管制運転機能付
    エレベーター

    地震発生を感知すると、最寄り階に自動停止する機能を備えた工レベーターを採用。

  • フレキシブルジョイント

    フレキシブルジョイント

    連結送水管など(一部除く)の建物への導入部分、建物ジョイン卜部に可とう継手(フレキシブルジョイン卜)を施し、地震時の変動に配慮することで、配管の脱落や破損を防ぎます。

  • エキスパンション・ジョイント

    エキスパンション・
    ジョイント

    建物の接合部分は地震エネルギーが集中するため、建物の構造を分けるエキスパンション・ジョイントを設けて安全性を高めています。

  • ダブル配筋

    ダブル配筋(一部除く)

    床や壁(耐震壁)などの主要構造部では、鉄筋を格子状に組立て二重に組むダブル配筋を標準としています。(一部箇所はシングル配筋。)

建物の耐久性

  • コンクリートの設計基準強度

  • コンクリートの
    設計基準強度
    30N/mm2以上

    主要構造部に採用しているコンクリー卜の耐久設計基準強度は24N/m㎡以上です。住棟本体の設計基準強度は30N/m㎡以上です。(付属棟、付属構造物等、杭を除く)

  • 水セメント比

  • 水セメント比

    主要構造部のコンクリー卜は、水、セメン卜、骨材等で構成されています。このとき、セメン卜に対する水の比率(水セメン卜比)を抑えるほど、耐久性を高め、劣化を抑えることができます。当マンシヨンのコンクリー卜は、この水セメン卜比を、住棟の構造は50%以下、杭は55%以下に設定しています。(付属棟、付属構造物等を除く)

  • コンクリートのかぶり厚さ

  • コンクリートの
    かぶり厚さ

    鉄筋をコンクリー卜で覆い腐食から守るため、建築基準法では最小かぶり厚さが定められています。「かぶり厚さ」とは、コンクリー卜で鉄筋を包み込む厚さをいいます。

  • 耐久性のある給水・給湯管

    専有部の給水・給湯管には、熱に強く、錆や腐食の心配のない樹脂製の配管を採用。また、住戸系統共用部の給水管にポリエチレン管で、設備配管の耐久性向上とライフサイクルコストの低減を図り、さらにサビ(赤水)の少ないクリーンな水を長期間維持することができます。

建物の快適性

  • PRCスラブ・アンボンド工法で室内スッキリ

    PRCスラブ・アンボンド工法で、室内スッキリ

    床スラブ内にPC銅線を通してスラブを緊張し、コンクリートのひび割れやたわみを防ぐ「PRCスラブ・アンボンド工法」を採用しました。天井を小梁で支える必要がなくなり、すっきりと伸びやかな居住空間を実現します。(一部住戸除く)

  • 24時間微風量換気システム

    24時間
    微風量換気システム

    気密性の高いマンシヨンで、窓を開けることなく外気を採り入れ、常時空気を入れ替えし循環させ、室内の空気環境を整えます。

  • 遮音性の高い壁構造

    遮音性の高い壁構造

    戸境壁は約180mmを確保し、耐久性とともに遮音性を高めました。隣り合う住戸間のプライバシーにも配慮しています。また外壁は約150mm以上のコンクリー卜壁または約100mmのALCを採用しています。

  • 防音と将来性を考えた二重天井

    防音と将来性を考えた
    二重天井

    将来のリフォームもしやすく、天井をすっきり見せることができます。

  • 外壁の断熱

    外壁の断熱

    外部に面した壁・梁・柱の室内側には断熱材を吹付けし、石膏ボード張りとしています。
    (一部除く)
    ※断熱材の厚みは部位により異なります。

  • 屋上・最下層の断熱

    屋上・最下層の断熱

    屋上は、コンクリートと防水層の間に断熱材を敷き、太陽の熱による最上階住戸の温度上昇防止に配慮しています。また最下階の住戸では、床コンクリー卜の下に断熱材を設けることで断熱性を高め、床からの居住空間の冷え込みに対応しています。(断熱範囲は部位により異なります。)

  • 生活音を軽減するコンクリート床

    生活音を軽減する
    コンクリート床

    床には遮音性に優れた等級△LL(I)-4フローリングを採用することで、下階へ伝わる生活音を軽減。暮らしやすい住空間を追求しています。(一部除く)
    ※LDには床暖房が入ります。

  • 水廻り

  • 水廻り(排水管)の
    防火・防音対策

    全たて管に防火材および力ンペイシート(防音シート)を設置、住戸内排水たて管には、硬質ポリ化ビニル管を採用。直接居室に面したパイプスペースのみ貫通部の防火・防音措置工法により遮音効果を高めます。
    ※居室に面したパイプスペースについては、シンドカットを採用しています。

  • 赤水の発生を防ぐ工場プレハブ加工先分岐工法

  • 赤水の発生を防ぐ
    工場プレハブ加工先
    分岐工法
    (天井配管)

    樹脂製の配管を使用することで、赤水の発生をしにくくしています。

ホルムアルデヒド対策〈最高等級〉

壁・天井クロスに使用した接着剤や塗装を施した建具などには、ホルムアルデヒドの発散量が最も少ないF☆☆☆☆(フォースター<最高等級>)区分相当のものを採用しています。

  • パイプスペース周りの遮音対策

  • パイプスペース周りの遮音対策

    直接居室に面するパイプスペースの居室側壁画には石膏ボードを貼り込み、石膏ボードの内側にグラスウールを設置して遮音性を高めています。
    ※配管・配線の関係で、天井内・床下の壁部分に点検口、切欠きが生じる場合があります。
    ※部位により多少仕様が異なる場合があります。
    ※収納スペースを挟む場合を除く。
    ※遮音対策部分の天井内は片面のみ石膏ボード貼。

  • 水廻りに面する壁の遮音対策

  • 水廻りに面する壁の遮音対策

    水廻りと居室の間仕切り壁は、石膏ボードを貼り込み、石膏ボード間にグラスウールを充填し、遮音性を高めています。
    ※配管・配線の関係で、天井内・床下の壁部分に点検口、切欠きが生じる場合があります。
    ※部位により多少仕様が異なる場合があります。
    ※収納スペースを挟む場合を除く。
    ※水廻り側の壁の石膏ボード貼は部屋となる部分のみ(ユニットパス面等は居室側のみ片面)又、遮音対策部分の天井内は片面のみ石膏ボード貼。

  • パイプスペース周りの遮音対策

  • パイプスペース周りの
    遮音対策

    直接居室に面するパイプスペースの居室側壁画には石膏ボードを貼り込み、石膏ボードの内側にグラスウールを設置して遮音性を高めています。

  • ※配管・配線の関係で、天井内・床下の壁部分に点検口、切欠きが生じる場合があります。
    ※部位により多少仕様が異なる場合があります。
    ※収納スペースを挟む場合を除く。
    ※遮音対策部分の天井内は片面のみ石膏ボード貼。

  • 水廻りに面する壁の遮音対策

  • 水廻りに面する壁の
    遮音対策

    水廻りと居室の間仕切り壁は、石膏ボードを貼り込み、石膏ボード間にグラスウールを充填し、遮音性を高めています。

  • ※配管・配線の関係で、天井内・床下の壁部分に点検口、切欠きが生じる場合があります。
    ※部位により多少仕様が異なる場合があります。
    ※収納スペースを挟む場合を除く。
    ※水廻り側の壁の石膏ボード貼は部屋となる部分のみ(ユニットパス面等は居室側のみ片面)又、遮音対策部分の天井内は片面のみ石膏ボード貼。

  • SAFETY 防災
  • SECURITY セキュリティ
  • SECURITY セキュリティ
  • AFTER SERVICE アフターサービス

住まいの価値を維持し、
長期間サポートする
アフターサービス。

AFTER SERVICE

アフターサービス

独自の長期アフターサービス

専有部、共用部ともアフターサービスの保証期間を従来より大幅に延長することで、安心を長くお届けします。

独自の長期アフターサービス

定期サービスの強化

専有部では、定期サービスの回数を増やし、共用部についても点検を実施し、不具合の早期発見に務めます。

定期サービスの強化

ダイレクト受付システム

お客様からのご連絡にできるだけスムーズに対応できるよう、専任のスタッフが直接受付いたします。

ダイレクト受付システム

「住まいの整備手帳」とメンテナンス用工具セット

各住戸に「住まいの整備手帳」とメンテナンス工具セットを配布させていただきます。

「住まいの整備手帳」とメンテナンス用工具セット

長谷工プレミアムサービス

※3 構造耐力上影響のあるもの(鉄筋のさび汁を伴った亀裂・破損およびこれに準じるものとし、毛細亀裂および軽微な破損は除く)に限ります。
※4 概ね10年目に適切なメンテナンス(端部シール打換え(DN防水)、トップコート(塗布防水・アスファルト防水)塗布、シーリング補修、アスファルトルーフィング(浮き・剥れ)の補修、コーチングの打ち替え等)を行うことを条件に、期間を15年とします。

icon iconicon

※掲載の室内写真はモデルルーム(82Ta-17タイプ、93W-1タイプ)を撮影(2019年10月)したもので、形状・色彩・仕様等は実際とは異なる場合がありますので予めご了承ください。
※掲載の写真には有償オプション品等が含まれており、家具・植栽・調度品・造作家具等は販売価格には含まれておりません。
※オプションのお申し込みには有効期限がございます。詳しくは係員におたずねください。

  • Future橋本駅の将来について
  • With周辺環境について
  • Together共用の施設について
  • Comfort快適な住環境について

ページトップへ戻る