リーフィアタワー海老名ブリスコート

  • 現地案内図

    物件概要

  • 資料請求
  • 来場予約
リーフィアタワー海老名ブリスコート

間取り│小田急小田原線 「海老名」駅の新築分譲マンション リーフィアタワー海老名ブリスコート

暮らしの気持ちよさを追求した居住空間。

リビング

  • 住戸プラン
  • ウォールドア
  • 快適な居住空間
  • B-65Bタイプ(MENU1)3LDK 68.56平方メートル
  • B-65Dタイプ(MENU1)3LDK 69.06平方メートル
  • B-70Bタイプ(MENU1) 3LDK 70.37平方メートル
  • B-75Bタイプ(MENU4) 2LDK 76.30平方メートル
  • B-75Bタイプ(MENU5) 2LDK 76.30平方メートル
  • B-75Fタイプ(MENU1) 3LDK 79.87平方メートル
通風:通風採光:採光収納:収納床暖房:床暖房

WIC:ウォークインクローゼット SIC:シューズインクローゼット N:納戸 MB:メーターボックス

  • 住戸プラン
  • ウォールドア
  • 快適な居住空間

スタイルにあわせて
フレキシブルに
活用できる空間を。

リビング・ダイニングと隣り合う居室の間に
可動式の間仕切壁「ウォールドア」を採用。
2つの空間をつなげて
大空間リビングを演出することも、
それぞれを独立スペースとして
使うことも可能にしました。
ご家族構成やライフスタイルに応じて、
自宅をアレンジすることが可能です。

  • 住戸プラン
  • ウォールドア
  • 快適な居住空間

光と風を心地よく招き入れる
開放的な住空間をプランニング。

伸びやかな空に寄り添う立地を活かし、高い居住性を追求。
陽差しにつつまれて過ごす寛ぎの時間。市内最高層※1免震タワーにふさわしい開放感。
穏やかに流れる風。機能性と見栄え良さ。
そんな心地よさをカタチに、全51タイプ※2の豊富な空間プランを仕上げています。

フロア概念図
POINT 01 光を招く広い開口

各住戸に幅広い開口を確保し、ワイドリビングを実現。バルコニー側に居室を一つ以上設けることで、明るい空間を実現しています。※一部住戸除く

POINT 02 吹抜のある共用廊下

住棟の中央に吹抜空間を設け、共用廊下をプランニング。全51タイプ中50タイプで全居室に窓を設け、住戸内に穏やかな風の通り道を創出しています。

POINT 03 角住戸比率38%超

2方向に開口部を設けることで、気持ちの良い通風・採光を実現する角住戸プランを全体の38%以上確保しています。※302戸中117戸

POINT 04 天井高2.5m超×サッシ高2m超

ゆとりある階高設定により、天井高2.5m超、サッシ高2m超の開放感あふれる居住空間を実現しています。(最上階は天井高2.8m、サッシ高2.4mを確保)

天井高・サッシ高概念図

多彩な間取りプランを可能にする
【フラットスラブ工法※3×パイプスペース配慮】

水廻りのスラブ段差を解消し、床とスラブ間にゆとりの空間を確保するフラットスラブ工法を採用。
さらに、パイプスペースを柱やバルコニーへ隣接させることで、キッチンやバスルームのレイアウトの自由度を高め、
全51タイプの多彩な間取りプランを可能にしました。

フラットスラブ工法×パイプスペース配慮 一般的なマンションとリーフィアタワー海老名ブリスコートの比較概念図

※3 水廻りに段差を設けないスラブを指しております。
※掲載のフラットスラブに関する概念図は水廻りレイアウトのイメージであり、実際とは異なります。

神奈川県建築物環境性能表示

簡単友だち登録はこちらから

PAGE TOP
  • トップ
  • コンセプト
  • 開発について
  • 眺望
  • ロケーション
  • アクセス
  • デザイン
  • ランドプラン
  • 共用施設
  • 防災
  • 免震構造
  • 間取り
  • モデルルーム
  • 設備・仕様
  • 入居者サービス
  • 3社のブランド
  • 現地案内図
  • 物件概要
  • 資料請求
  • 来場予約

※1:1993年1月~2019年9月の期間に海老名市に供給された民間分譲マンションにおいて最高層であるリーフィアタワー海老名アクロスコートと本計画が同じ高さであることを根拠に表現しています。(MRC調べ)

※2:会員優先分譲済の6タイプ含む

※掲載の建物内モデルルーム写真は2305号室(B-75Cタイプ)と605号室(B-65Dタイプ)を2020年11月に撮影したものです。家具・調度品・備品等は販売価格に含まれておりません。なお、写真には一部有償オプションが含まれております。予めご了承ください。※眺望は将来に渡って保証されるものではございません。

※掲載のフロア概念図は計画段階の図面を基に描き起こしたイメージで、実際とは異なります。また各住戸のレイアウトや大きさはフロアにより異なります。

※掲載の天井高・サッシ高概念図は計画段階の図面を基に描き起こしたイメージで、実際とは異なります。バルコニー手摺のガラスは2~10階が不透明ガラス、11~31階は透明ガラスとなります。また最上階(31階)住戸については天井高等の仕様が異なります。予めご了承ください。