リーフィアタワー海老名ブリスコート

  • 現地案内図

    物件概要

  • 資料請求
  • 来場予約
リーフィアタワー海老名ブリスコート

デザイン

デザイン

外観完成予想CG

この空と緑に寄り添い、
開放感を象徴するタワーへ。

「リーフィアタワー海老名ブリスコート」の目の前、
海老名駅南側に位置する市の文化ゾーンを望む伸びやかな地。
目指したのは、明るさや開放感を象徴するタワー。
青や緑が美しく映り込むガラス手すりが印象的な、透明感にあふれる外観デザイン。
上昇ラインが際立つコーナーガラスは視線を伸びやかに空へと導きます。
庇により描かれる水平ラインは、タワーとしての輪郭を引き立て、空と緑の中で、確かな存在感を主張。

周辺の気持ちの良い風景と調和しながら、
新たな景観美を創出します。

メインエントランス完成予想CG

メインエントランス完成予想CG

深い奥行きと光の陰影が
迎賓の趣を醸し出す、
住まう誇りを高める、その造形美。

奥行きのあるアプローチに、質感の高い素材を織り込み、
優美な装いに仕上げたメインエントランス。

アプローチ沿いの壁を連続した意匠で風除室まで引き込むことで、
外から内への穏やかなつながりを演出。

風除室正面には「版築」と呼ばれる
伝統的な左官技法により
落ち着いた雰囲気を添える
アイストップ壁を描きました。

その佇まいは、ここに住まう誇りを高め、
刻々と変化する繊細な表情は、歩を進めるごとに
安らぎの予感を深めます。

グランドラウンジ完成予想CG

グランラウンジ完成予想CG

2層吹抜のスケール感と、
外に広がる水景。
寛ぎと開放感を磨き上げた
グランラウンジ。

圧倒的な2層吹抜のスケール感につつまれるグランラウンジ。
その造形に込めたのは、住まう方を心地よくもてなす迎賓の想いです。
天然石の上質感につつまれる空間に、柔らかい印象を添えるらせん階段。
ガラスのカーテンウォール越しに望む四季折々の水辺の表情。
それらが一体となり、住まう方をもてなす寛ぎと開放感にあふれる空間を描きあげます。

水平に広がる緑と、そこから垂直に建ち上がる高層棟が並ぶ「ビナガーデンズ」。3.5ha超の街全体に統一感のある風景が描かれる中で、「リーフィアタワー海老名ブリスコート」の設計者は、この住まいにどのような個性を求めたのでしょう。設計全体を手掛けた永井氏は、「ビナガーデンズ」南西端に位置するこの住まいの特長は、「人をつつむ自然」と「海老名の風景を見晴らす開放感」にあると語ります。県央※1に生きる人々の原風景として親しまれる大山。穏やかな情緒と潤いをこの地に添える相模川の流れ。

永井雅彦

駅周辺に今なお残る田園風景。季節により、天候により、時間により変化していく、こうした自然の美しさの数々を、日々の営みの中に取り込めるように―。その想いを追求して、「眺める」というデザインコンセプトにたどり着きました。そして、敷地の随所に、住棟内にご用意したそれぞれの共用施設に、一つひとつの居住空間に、自然の移ろいを眺めながら暮らす心地よさを刻み込み、永く気持ちよい日常を送ることのできる、人生を共にするにふさわしいタワーレジデンスを描き上げました。

永井雅彦プロフィール

図面イラスト

SEQUENCE

海老名に息づく自然の移ろいを暮らしの中へ。その想いをカタチにするために、敷地や住棟に対し、外から内へというつながりを追求。
そこで大切にしたのが「シークエンス」効果です。シークエンスとは、次の眺めや空間への期待感をふくらませるシーン演出のこと。
「観る:景色をみる」「見る:物のさまを知覚する」「視る:観察する」という、
3つの眺めを組み合わせ、連続展開させることで、海老名の地とつながる気持ちよい住まいを描いています。

風景を観る

住棟内の1階にプランニングした「グランラウンジ」や「オーナーズ・ライブラリー」には、外と内をつなぐ「風景を観る」眺めとして、水景や緑の木立を描きました。
さらに、地上28階にご用意した「スカイラウンジ」は、大山の稜線や相模川の流れなど、海老名を代表する風景を眺められる空間に仕上げています。

スカイラウンジ完成予想CG

シンボルを見る

「グランラウンジ」のらせん階段や「オーナーズ・ライブラリー」に設えた円形本棚、「スカイラウンジ」の円形テーブル。「リーフィアタワー海老名ブリスコート」では、丸みのある造形物を、海老名の地に息づく自然の柔らかい心地よさを
さり気なく知覚するシンボルとして、共用部の各所にレイアウトしています。

シンボルイメージ

素材を視る

共用部のマテリアルには、エントランスのアプローチ壁や共用部の壁面などに設えた趣きと暖かみのある表情が特長の芦野石をはじめ、質感の高い自然素材を数多く採用しました。
それらの立体的な模様や光沢は、時間帯によって表情の移ろいを描写。
その眺めは、感性を心地よく刺激しながら、視る人を楽しませます。

マテリアル参考写真

簡単友だち登録はこちらから

友だち登録者様限定間取りはこちら

PAGE TOP
  • トップ
  • コンセプト
  • 開発について
  • 眺望
  • ロケーション
  • アクセス
  • デザイン
  • マスタープラン
  • 防災
  • 免震構造
  • 間取り
  • モデルルーム
  • 設備・仕様
  • 入居者サービス
  • 3社のブランド
  • 現地案内図
  • 物件概要
  • 資料請求
  • 来場予約

※1.県央=神奈川県の中央に位置する海老名市、相模原市、厚木市、座間市、大和市、愛甲郡愛川町を含むエリア。
※掲載の外観完成予想CGは、海老名市文化会館(現地より約100m)より現地付近を撮影した写真(2018月12月撮影)に計画段階の図面を描き起こした建物完成予想図をCG合成・加工したもので、実際とは異なります。雨樋、給排気口、エアコン室外機、エアコン室内機、給湯器、ポンプ、水槽、ファン、桝、散水栓、航空障害灯等一部再現されていない設備機器等がございます。また敷地周囲の電柱・標識・ガードレール等は表現しておりません。本広告の掲載内容は小田急電鉄株式会社による海老名駅間地区開発「ビナガーデンズ」内に誕生する住宅棟の広告になります。周辺建物は計画段階であり今後の「ビナガーデンズ」内の開発により各住戸からの眺望環境に変化を及ぼす可能性があります。当CGは将来にわたり眺望を保証するものではありませんので、予めご了承ください。周辺建物は、計画段階のため詳細を表現しておりません。建築確認取得前につき今後内容が変更となる場合があります。「ビナガーデンズ」の今後の開発内容の詳細についてはホームページ( http://vinagardens.jp/)をご確認ください。
※掲載のメインエントランス完成予想CGは、計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。雨樋、給排気口、エアコン室外機、エアコン室内機、給湯器、ポンプ、水槽、ファン、桝、散水栓、航空障害灯等一部再現されていない設備機器等がございます。植栽は特定の季節、ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。予めご了承ください。
※掲載のグランラウンジ完成予想CGは、計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。家具・調度品・オブジェ等は実際に設置されるものと異なる場合が有ります。植栽は特定の季節、ご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。予めご了承ください。
※掲載のスカイラウンジ完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたものに現地30階前後の階層(約90m)より撮影(2018年5月)した眺望写真をCG合成したもので実際とは異なります。住戸の向き・階数により眺望は異なります。眺望は将来に渡って保証されるものではございません。

この秋、いよいよ竣工。リーフィアタワー海老名アクロスコート

この秋、いよいよ竣工。リーフィアタワー海老名アクロスコート