第10期街並写真(2018年11月撮影)、入居者のみなさん
※掲載の街並写真は、第10期の街並(2018年12月撮影)を撮影したものに一部CG加工を施したものです。また、一部販売済住戸が含まれています。

全196戸の「リーフィア町田小山ヶ丘」第10期 新街区、誕生!

「リーフィア町田小山ヶ丘」にお住まいの4組のみなさんに、「このまちの魅力」「購入した決め手」「住み心地」などを伺いました。
その中で、特に印象的だったのは敷地内の「こもれび公園」を中心とした「このまちのコミュニティ」。
子育て中の方には助かる住民同士の助け合いが、コミュニティの中にセーフティネットとして息づいているという印象を受けました。
「いちから入居者みんなでコミュニティを作れること」は、大規模分譲のメリットの一つですが、
街開きから6年、成熟しつつあるこの街の魅力に迫ります。

※室内画像はモデルホーム223号棟

■Tさんファミリー(30代・ご夫婦とお子様ふたり)
京王線の聖蹟桜ヶ丘駅に住んでいたTさんファミリー。小学校への遠さや、家族が増え以前の家が手狭になったため、一戸建ての購入を決意。「子どもが過ごしやすく安全であること」を軸に住宅を探していた。


友達と連れ立って「こもれび公園」で遊ぶのが日課に。
入居後のイベントで人見知りの子どもがすんなり馴染むことができました

Tさんファミリーは、大規模分譲地を中心に見学。
「引っ越しの条件は、娘の幼稚園を変えずに園バスで通える範囲内。
また、小学校に入る時にお友達が一人もいなくて心細いということを避けたかったので、
タウン内に同い年のお友達ができそうな大規模分譲地を中心に見学していました。結果は、大正解!
正直、馴染めるか多少の不安はありましたが、『こもれび公園』にいて挨拶をしあっているうちに連絡先を交換できて、
『分からないことがあったら何でも言ってね』と分け隔てなく、気さくに声をかけてくれる方ばかりでした。
小学校情報を先輩ママから聞けますし、誰かがいつも外で遊んでいるので、
友達が公園に行くところを見かけると、うちも連れ立って遊んだりと、子どもも楽しいみたいです」

秋に行われているハロウィンイベントで、早期にコミュニティに馴染むことが出来たと話すTさん。
「ママたちが主体になって進めていきますが、手伝いや委員に参加することで、知り合いが増え、
人見知りな子どもも、お友達が出来てすんなり馴染むことができたので本当に助かりました」
「今では、娘は「おそうじ当番」を楽しみにしています。広場や公園を交代制で掃除するのですが、
友達と一緒にゴミを拾う楽しいイベントと思っているのでしょうね。普段会わない年配の方も参加されて、
子どもたちにも優しく接してくださるので、多世代と交流できるとてもいい機会だなと思います」

■Aさんファミリー(30代・ご夫婦とお子様ひとり)
購入以前は横浜市に在住。結婚を機に、手狭なアパートから憧れの一戸建て購入を決意。「広々した敷地で洗車するのが夢」という夫は、広い庭と地盤の強さ(※多摩丘陵の高台に立地)が気に入ったそう。


隣近所の雰囲気を、現地見学で知ることができて安心
育児の悩みや園情報…土地勘がなくて不安なはじめての育児をみんなが助けてくれました

Aさんファミリーは、「リーフィア町田小山ヶ丘」を見学にきて非常に印象的だったことがあるそう。

「住んでいる方とすれ違うと、見学者にも全員挨拶してくれるんです。そこがすごく気持ちよく、ここに住みたいなと思いました。
現地見学に来れば、近隣にお住まいの方の雰囲気が分かる、というのはとても安心できましたね」

「土地勘がないのが不安でしたが、周りの方が幼稚園や子育て情報をたくさん共有してくれて助けてくれました。
親も子も同世代の方がたくさんいるので、育児の悩みやちょっとした不安も相談できていいですね。
おうちを行き来することもありますし、話し相手がたくさんいるので、夫にも優しくなれるんだとも思います(笑)」

「ここは本当に子育てしやすい場所で暮らしやすいです。
ママ友からのお下がりやおすそ分けで助かったり、
雪かきしようと思って外に出たら、お隣さんが『お子さん小さいからやっておくよ』
と優しく言ってくれたりとご厚意に甘えさせていただくことも多いです。
幼稚園のお子さんがもっと小さな子の面倒をみてくれたり、年齢に関係なく遊んでくれたりと
子ども同士でも仲良くさせてもらって嬉しいです。良い方ばかりでずっと暮らしていきたいなと思っています」

■Yさんファミリー(左)&Iさんファミリー(右)
お姉ちゃんどうしが同学年だったことから仲良しに。
Yさんの実家は600世帯超の大規模分譲地。幼なじみがいっぱいいた環境を子どもにも、と「リーフィア町田小山ヶ丘」に入居。
Iさんはすぐ近くに以前からお住まい。注文住宅建築の「間取りの参考に」と見学にきた夫が、建てようと思っていた間取りのこだわりを叶えられそう、と分譲地を気に入ったそう。


「すぐ馴染めるって本当?」と半信半疑で入居。
ウェルカムな感じのいい方ばかりで感激(Yさん)
「他の街だったら、こんなに周りと仲良く楽しく暮らせていたかな?」と思います(Iさん)

Yさん「通勤利便を考えて『できるだけ駅近がいい』と橋本駅に近い戸建てを探していました。
駅近の戸建ては、ポツンと一軒で売っている物件ばかりで、
既存のコミュニティに家族だけで踏み込んでいく勇気が出なくて見送りに。
そんな中、この街と出会ったんです。挨拶もしっかりしてくれる方ばかりで、子育てしやすそう!と即決しましたが、
正直、『ここは公園で交流していてすぐ馴染めますよ』という販売担当の方の言葉には、半信半疑でした。
入居したての頃はドキドキで、公園を遠回りすることもありましたが、
公園にいるママさんたちが私の子どもの名前を覚えて気軽に話しかけてくれました。
外から来た人にも本当に優しく、暮らしてみると本当にウェルカムな感じのいい方ばかりで感激でした。
お友達もみんなバラバラの幼稚園ですが、公園に集合して楽しく遊んでいます。ここだから知り合えたんだなと思いますね」

Iさん「私も『他のまちだったら、こんなに周りと仲良く、楽しく暮らせていたかな?』と思いますね。
大規模分譲地はたくさんあると思いますが、地域のみんなが子ども中心に考えてくれることが、
この街の仲の良さのヒケツではないかと思います。
ママ同士だけでなく、パパ同士も「男子会」があり、よく飲み会などを行っているみたいで、
パパたちが「秋祭り」を仕切っています。
ママたちは同時開催のハロウィンの企画担当ですね。
『地域のみんなでまちを盛り上げていこう』とする思いに共感しているので、これからもみんなで協力していきたいなと思います」

見学した時の検討ポイントや、購入の決め手は何だったのか?
入居者のみなさんそれぞれの、「重視したこだわりポイント」や
「なぜ橋本の分譲地にしたのか?」などリアルなお声をいただきました。

※画像はこもれび公園

なぜ「橋本」だったのか?橋本のアクセス・商業施設の利便は大きな魅力

ミウィ橋本(約1,760m/徒歩22分)/イオン橋本店(約1650m/徒歩21分)
JR橋本駅とペデストリアンデッキでつながるミウィ橋本。「橋本図書館」やコンサートなどが開催される「杜のホールはしもと」など公共施設も入る駅前商業ビルです。同じくイオン橋本店では、子ども服や日用品が買える他、スターバックスや100円ショップもテナントに入っています。

Yさん「夫も私も、実家が橋本に近いということもありますが、やはり橋本は駅の周りが便利、というのが一番大きな理由です。
スーパーも数が多いし、イオン橋本店、ミウィ橋本、アリオ橋本(約2320m/徒歩29分)などの大型商業施設がたくさんあります。ミウィの中に図書館があるのも便利です。
他の京王線の駅も検討しましたが、駅ビルがないことや駅周辺の不便さが気になって検討外になりました」

Aさん「夫の勤務地が横浜方面なので、JR横浜線の始発で行けることが大きいです。
JR横浜線は通勤時に橋本駅発の電車が多い(※平日6〜8時台に10本)ので、
もっと横浜に近い駅から乗って、ぎゅうぎゅうの中を立って通勤するより、
始発駅から座って通勤できるのは助かると夫が言っていました」

Tさん「私の夫は京王相模原線で通勤しており、同じように始発に座れることが良いと言っていました。
また、終点だから帰りに寝過ごすこともないのでそこも安心ですね。
橋本エリアの良さは「橋本駅前以外にもたくさん買物できる場所がある」ことだと思います。
「リーフィア町田小山ヶ丘」隣接の『Mr.Max町田多摩境ショッピングセンター』(約170m/徒歩3分)だけでなく、
『コストコ多摩境店』(約2.7km/車5分)『カインズホーム町田多摩境店』(約2.4km/車4分)
『ぐりーんうぉーく多摩』(約5.2km・車で約8分)『三井アウトレットパーク 多摩南大沢』(約3.5km・車で約5分)
などにも車ですぐ行けるのが便利です」

橋本駅は、2027年開業予定のリニア中央新幹線の停車駅になる予定。
さらなる発展が楽しみです。

分譲地内の安心設計、小学校への近さ、敷地内公園があったこと…
「子育てしやすい」からここを選びました

上・下段右:こもれび公園で遊ぶYさん・Iさんファミリー。すべり台のほか、鉄棒や砂場もあるので、幅広い年代の子どもが楽しめます。
下段左:車がスピードを出さないよう、S字にカーブした分譲地内の道路。道路幅が広く、歩行者用のスペースを残しているのでベビーカーで歩く時、幼児連れの時の車とのすれ違いも安心です。

Yさん「購入の決め手は、橋本周辺で、かつ子育てしやすい場所だったということでした。
600世帯超の大規模分譲地で育った私自身の経験から、
同世代の親子が多く、幼なじみがたくさんできそうな大規模分譲地を選びましたが、
さらにこの街は分譲地内に公園があるのがいいと思いました。
住んでみると、こもれび公園があるから親子で出かけやすくなりましたし、
友達が(こもれび公園に)いるから、外の公園にあまり行かず、
公園の行き帰りの時間も結果的には時短になりました」

Tさん「私は小学校への距離、通学路の安全性も大きな決め手でした。
小山ヶ丘小学校には徒歩9分(約700m)で、まっすぐ幅のある歩道を歩いていけばよいので安心です」

Aさん「分譲地内は道路が広くて、車がスピードを出さないよう道がカーブしています。
抜け道はなく外部の車も入ってきづらいので、子どもの安全面を考えるととても安心ですね。
また、子育てしやすさという点では、街の周囲に大きな公園が多いのも嬉しいです。
三ツ目山公園(約450m・徒歩6分)や、小山小鳩公園(約450m・徒歩6分)などによく遊びに行ったりします」

Tさん「様々な年齢の子と遊ぶので、良い影響がたくさんあります。大きい子が鉄棒やなわとびをやるのを見て、
自分もチャレンジしてみたり、上達が早かったり…子ども同士での切磋琢磨に目を細めています」

敷地が広いから、お庭も広い!
間取りの豊富さ・細部のこだわりも決め手に

上段:第10期街並写真/モデルホーム201号棟
下段:モデルホーム201号棟(屋根付きポーチ・ポーチと玄関・主寝室)

電線類地中化により、街にはのびやかな空が広がります。
敷地面積全邸150m2以上。一邸一邸、敷地に合わせた多彩なプランニングが魅力。
前面道路約8m+庭があるので街並みに開放感が感じられます。

Aさん「私は広い庭や駐車スペースに車を2台置けること(※有償)がポイントで、土地の広さが決め手でした。
さらに、プランのバリエーションが豊富で、どれにしようかとても迷いました。
夫は家の構造面にもこだわりがあって、たくさん調べた中でここを選んでいます。
冬はあたたかく、夏は涼しくて、過ごしやすいですよ」

実は、注文住宅を建てようと思っていたIさん。分譲住宅に心変わりした理由とは?
Iさん「近くに住んでいたので、分譲地の前を通るたび気になっていました。
洋瓦を使った外観が、私たちが建てたい家のイメージに近く、参考までに見に来たら、
家の外観やプランもおしゃれで、非常に好印象でした。
こだわっていた箇所を叶えられるプランだったので、そこが決め手になり満足して購入しました。
収納が多く、家事動線も考えて作られており、周囲の住戸と視線が合うこともないので、
自分で色々と考えるより、プロが考えた間取りを購入してよかったなと思っています。
実際住んでみて便利だと思ったのは、玄関前の屋根付きポーチが広いことです。
自転車を濡らすこともなく、まだスペースが余るくらい広いです。
電柱がない街並みも住む前から良いとは思っていましたが、やはり開放感があって気持ちよいですね」

Yさんも、「住んでみてから分かったプランの良さがある」と言います。
Yさん「検討時は、和室はいらないって思っていたけど、暮らしてみたら非常に便利でした。
家事室代わりに使ったり、子どものプレイルームにしたりと今は大活躍。
また、2階の子供部屋が広く、本来は2室の部屋が1つにつながっているのも気に入っています。
小さいうちは個室として分けずに広々と使って、大きくなってから壁を作れるようになっているそうなので、
家族の成長に合わせて変えられるように、使い心地を考えられているところが嬉しい点です」